建設事業
事業案内
クラックカットシール工法
事業実績一覧
加入団体・取得資格
Back To Category Top
クラックカットシール工法
安全とエコを両立。 舗装の予防保全を目的とした 画期的な補修工法。

アスファルトやコンクリート舗装の道路では、
舗装面のひび割れや劣化を早期に発見、早期に補修することが、
道路利用者の安全と円滑な運用を確保するとともに、
コストや資源の面からも非常に重要だと考えられています。
しかし、従来のシール材補修では十分な性能を得ることができませんでした。
そこで、注目されているのが新工法の「クラックカットシール工法」です。
この工法は、舗装の“予防保全”を目的に開発されたもので、
比較的初期のひび割れ(クラック)の補修に適しています。
施工性や耐久性にすぐれ、本格的な改修工事の抑制、舗装の延命により、
“安全”と“エコ”を両立させる画期的な工法です。

■クラックカットシール工法の特徴

すぐれた施工性、耐久性、環境性、 そしてコストパフォーマンスをも実現。
施行性

ひび割れ率35%までの比較的初期の疲労状況での補修に最適な工法です。
 作業時の騒音・振動・粉塵等が少なく、クラック部分を傷つけずに必要最小範囲での補修ができます。
不定型形状のひび割れもスピーディに補修でき、工事による交通渋滞を緩和できます。
 ジョイント部の補強もきれいなに仕上がり、舗装段差改善による交通環境の向上をはかれます。

耐久性

従来のシール工法とは異なり、ひび割れ発生箇所を専用カッター機で掘削してから、
 シール材をひび割れ深部まで注入するため、防水性、耐久性が飛躍的に向上します。
使用する特殊アスファルト重合体シール材は、接着力が強く、柔軟性もあり、
 温度差による路面の伸縮や車両の通行による衝撃に対応し、ひび割れの再発を効果的に防ぎます。

エコ&エコ

補修にともなう資源の有効活用、CO2発生量の抑制など、環境負荷を低減につながります。
舗装の寿命を約5〜7年延長することができ、舗装のライフサイクルコストの節減をはかれます。 

■クラックカットシール工法の施工手順

1.専用カッター機でひび割れ部を掘削
2.バキュウムによる清掃
3.クラックに沿って特殊シール材を注入
4.オーバーバンド塗布して完成

補修前

 注入後



 

1. 施工前

 2. 施工前(拡大)

 

3. 施工

 4. 施工後

お問い合わせ
TEL:0763-33-6772(受付:月〜金 9:00〜17:00)
E-MAIL:info@yushin-kensetsu.co.jp